あさひまちエコミュージアム|山形県朝日町見学情報データベース

大隅遺跡

2009/04/08 08:00/大隅遺跡
 日本で初めて旧石器の存在を知らせたのが「大隅遺跡」です。昭和11年(1936)大竹国治が明鏡橋工事の際に出て来た石片をただの石ではないと直感し、屋根裏に保存していたものを、昭和24年(1949)菅井進氏が旧石器であるとの確信を持ち、同人誌『縄文』に発表しました。このことは日本での旧石器第一発見とされている群馬県の岩宿遺跡よりも早い発表だったのです。

大竹敦さんのお話
國治さんと潤二郎さんのこと
田原倫子さんのお話
田原眞稔さんの思い出
菅井進さんのお話
幸運の重なった発見
戸沢充則氏(明治大学学長)の講演
岩宿遺跡より早かった大隅遺跡

アクセスマップはこちら
※大隅遺跡は説明板があるのみです。
2009/04/08 08:00 (C) 朝日町エコミュージアム|大朝日岳山麓 朝日町見学地情報
(C) 特定非営利活動法人 朝日町エコミュージアム協会 All Rights Reserved.
※当サイトの全ての情報は、精通する朝日町民、朝日町教育委員会、学術者のみな様の情報をもとに、朝日町エコミュージアムルームの業務を受託するNPO法人朝日町エコミュージアム協会がまとめたものです。朝日町の観光や郷土学にお役立て下さい。
所在地 / 〒990-1442 山形県西村山郡朝日町宮宿2265 朝日町エコミュージアムコアセンター「創遊館」エコミュージアムルーム内 TEL0237-67-2128(月・木休み)
※大黒様写真/撮影 萩原尚季さん(コロン)
※デザイン/サポート by ステップアップコミュニケーションズ


合計5,555,461件 (2010.02.24〜) 記事869頁 今日1268件 昨日2268件 [login] Powered by samidare