あさひまちエコミュージアム|山形県朝日町見学情報データベース

大谷獅子踊りの由来

2014/08/21 08:36/大谷獅子踊りの由来
 角田流大谷獅子踊りは、江戸後期の文化年間(1804〜1818)に仙台藩の角田(現丸森町)の宗吽院(そううんいん)から、大谷の天満神社神官だった白田外記家に入婿した清安が伝えたとされます。
 宗吽院は、朝日町の大沼浮島神社の山伏神楽を600年前に伊具郡に伝承した歴史を持ちます。さらに、菅原道真の六女みよこ姫が輿入れし中興の祖となった修験寺でもあり、同じ菅原道真の子孫とされる大谷白田家と共通する歴史を持っていることが双方の強いつながりを物語っています。      
参考文献『20年のあゆみ』朝日町大谷獅子踊保存会
    『つどいの庭に降りた神々』丸森町文化財友の会
    『よみがえれ大沼浮島の響き』大沼浮島ものがたり実行委員会

角田流大谷獅子踊
大谷の風神祭
小径第15集『大谷風神祭』
2014/08/21 08:36 (C) 朝日町エコミュージアム|大朝日岳山麓 朝日町見学地情報
(C) 特定非営利活動法人 朝日町エコミュージアム協会 All Rights Reserved.
※当サイトの全ての情報は、精通する朝日町民、朝日町教育委員会、学術者のみな様の情報をもとに、朝日町エコミュージアムルームの業務を受託するNPO法人朝日町エコミュージアム協会がまとめたものです。朝日町の観光や郷土学にお役立て下さい。
所在地 / 〒990-1442 山形県西村山郡朝日町宮宿2265 朝日町エコミュージアムコアセンター「創遊館」エコミュージアムルーム内 TEL0237-67-2128(月・木休み)
※大黒様写真/撮影 萩原尚季さん(コロン)
※デザイン/サポート by ステップアップコミュニケーションズ


合計3,593,579件 (2010.02.24〜) 記事828頁 今日1772件 昨日1735件 [login] Powered by samidare