あさひまちエコミュージアム|山形県朝日町見学情報データベース

大谷の風神祭

2009/04/21 06:53/大谷の風神祭
 大谷の風祭は、今から250年前、宝暦年間(1751〜1764)に始めたといわれ、町では最も賑やかな夜祭りです。
 立春から数えて二百十日目、この頃は大暴風雨による農作物の被害が毎年のようにあり、この風水害を鎮め、豊作を祈願する行事が風祭で、毎年二百十日の前日8月31日の夜、盛大に行われます。
 祭当日、家々では、御神灯と書いた四角の田楽提灯(でんがくちょうちん)を門口に立て、御神輿が通る道筋から家々の玄関まで、清浄な盛り砂をし、縁側に机を置き、灯明・花・赤飯・果物そして初穂料を供え御神輿を迎えます。
 行列は、毎年決められた順序により、夜七時の花火を合図に白山神社を出発し、2時間かけて村中くまなく巡行します。 
 江戸時代から続く打ち上げ花火は、行列に合わせ夜空を彩り、40店余の夜店も立ち並び、招待客と近辺からの参詣客で、大通りは身動きできないほど混雑します。
 車に飾り付けした各区(1〜6区)の屋台は、毎年趣向ををこらした出し物が披露され、観客の拍手喝采を浴びます。
 大谷の風祭は、子供からお年寄りまで地区民総参加により、250年の歴史と伝統を継承しながら、大谷地区の融和と活性化に貢献しています。
(堀敬太郎氏資料「大谷の風神祭」より抜粋)

※写真は屋台の寸劇風景/撮影 堀敬太郎氏(大谷一)

大谷風神祭をもっと楽しむためのリーフレット
二百十日頃の稲作について
大谷風神祭の歴史
風神祭の神事
提灯行列の思い出
田楽提灯の絵付けについて
田楽提灯作りのアドバイス
角田流大谷獅子踊
大谷獅子踊りの由来
大谷獅子踊り保存会について
大谷獅子踊りの思い出
代々神楽(獅子神楽)と天狗について
風神祭の屋台について
各区の屋台 こだわりと見所
大谷の花火の歴史
大谷の花火打ち上げ
空から人形、人形傘花火
風神祭の露店
消防団の役割
風神祭のお供え物
大谷風神祭の特異性(基調講演)
大谷風神祭のこれからを考える(バネルディスカッション)
関連書籍 小径第15集『大谷風神祭』
白山神社マップ
秋葉山エリア(大谷)
2009/04/21 06:53 (C) 朝日町エコミュージアム|大朝日岳山麓 朝日町見学地情報
(C) 特定非営利活動法人 朝日町エコミュージアム協会 All Rights Reserved.
※当サイトの全ての情報は、精通する朝日町民、朝日町教育委員会、学術者のみな様の情報をもとに、朝日町エコミュージアムルームの業務を受託するNPO法人朝日町エコミュージアム協会がまとめたものです。朝日町の観光や郷土学にお役立て下さい。
所在地 / 〒990-1442 山形県西村山郡朝日町宮宿2265 朝日町エコミュージアムコアセンター「創遊館」エコミュージアムルーム内 TEL0237-67-2128(月・木休み)
※大黒様写真/撮影 萩原尚季さん(コロン)
※デザイン/サポート by ステップアップコミュニケーションズ


合計2,898,873件 (2010.02.24〜) 記事823頁 今日830件 昨日1478件 [login] Powered by samidare